痛くない若返りコーディネート
image

多くの女性が実年齢より若く見られたいと思っており、年を重ねるにつれより一層そう思うようになるのが一般的です。若く見られるためには肌や髪の手入れをする、スタイルを良くするという日々の努力も必要ですが、ファッションで若く見せることも可能です。しかしやりすぎると不自然ですしお洒落にみえない場合もあります。痛くない若返りコーデをするには、自分の年相応のアイテムも取り入れつつ無理のない服装をすることが重要です。
若く見えるアイテムの1つにショートパンツがあります。10代や20代だと素足でも不自然ではないですが、それ以上の年代になるとタイツやストッキングを履くほうが上品に見え、かつ若く見えます。デニールの薄いもので素肌が少し透けるようなものは大人だからこそ色っぽく見えるものです。
またメリハリのあるシルエットも若く見えます。スタイルを隠すためにゆるいシルエットのものばかり選んでいると老けて見えてしまうこともあります。トップスをショート丈のものにしたり、ベルトでウエストマークしたり、ヒールを履いたりすることでコーディネートに強弱がつき、お洒落で若々しく見せることができます。
そして年をとると色鮮やかなものを避けてしまい、黒やグレー、暗めの色みの服やバッグを選んでしまいがちですが、それも老けて見えるポイントなので避けましょう。ワンポイントで鮮やかなものを加えると違和感なく若く見せることができます。

RECOMMENDED

パテックフィリップならこちらまで

ウブロについて調べる

オーデマピゲを探す